滅菌システム

菌の考え方

歯科治療は内容によっては多少出血を伴うことがあります。もし治療器具の滅菌や消毒が不十分だと、前の患者さんに使った器具を介して、B型肝炎やC型肝炎、HIVなどに感染する可能性があります。

患者様に安心して治療をお受けいただくため当院では徹底した器具の滅菌消毒を実施しています。

菌と殺菌と消毒

治療器具の滅菌
消毒
消毒病原微生物をある程度殺すこと。
殺菌
殺菌病原微生物を殺すこと。消毒よりは強いのですが、まだ不十分です。
滅菌
滅菌物質中の全ての微生物を殺すこと。完全な処理です。

滅菌を施す事でB型肝炎やC型肝炎、HIV等の危険な病気の感染を防ぎます。

療器具の滅菌

歯を削るエアータービンが治療台にセットされたままで治療後にアルコール綿で拭くくらいの消毒や、歯を削るダイアモンドバーもテーブルの上に置いてあり、使った物をアルコールのシャーレに漬けた程度では・・・

治療器具は唾液、血液や細菌などが必ず付着します。
当医院では患者様の口に入る全ての治療器具をオートクレープで滅菌処理しパッキングしたものを患者様ごとに使用します。

リーマー・ファイルの滅菌

リーマー・ファイルの滅菌 リーマー・ファイルの滅菌

リーマーとファイルは根管治療に使用します。見た目はほとんど同じで、細菌に感染した歯質を削り取ることに使います。

使用する箇所が細菌に感染していますので当医院では必ず滅菌処理を行い、パッケージングしたものを使用時に開封します。

バーの滅菌

バーの滅菌 バーの滅菌 バーの滅菌

バーはタービンの先につけて歯を削る道具です。
唾液や血液が付着しますので当医院では必ず滅菌処理を行い、パッケージングしたものを使用時に開封します。

スケーラー用チップの滅菌

スケーラー用チップの滅 スケーラー用チップの滅

歯石を取る器具です。
この器具も唾液や血液が付着しますので当医院では必ず滅菌処理を行い、パッケージングしたものを使用時に開封します。

菌のための機器

超音波洗浄器
使用済みの器具には血液や粘液などの汚れが付着しています。
消毒・滅菌処置を行なう前にこれらを洗浄する必要があり、その作業をこの超音波洗浄器が行います。
超音波洗浄器 超音波洗浄器
オートクレーブ(高圧蒸気減菌器)
器具材をこの装置に入れ高温高圧の飽和水蒸気による滅菌を行います
オートクレーブ
紫外線保管庫
オートクレーブで減菌した器具は紫外線保管庫で保管します。
器具は減菌バッグに包んでおき、診療直前に開封します。

紫外線滅菌スリッパBOX

患者様には常に清潔で快適な場所で、診察、治療を受けて頂く為に、紫外線滅菌スリッパBOXを用意しております。
使用済みのスリッパを上部の返却口に置くとボックス内に収納され紫外線がスリッパの裏側、内側とも均一に殺菌します。ボックス内に収納されている間中、殺菌されています。
共用スリッパでは殺菌されなかったブドウ球菌、大腸菌、緑膿菌、真菌、水虫が完全に殺菌され安心してご利用頂けます。

使い捨て(ディスポーザブル)

使い捨て器具は非常にコスト高になりますが、安心・安全な治療を行うために使用する必要があます。
注射液、注射針、メス等の医療機器のほか、可能な物はできるだけ使い捨て(ディスポーザブル)製品を使用しています。

このページの先頭へ