矯正治療

正治療について

矯正治療の始まるまで

1.初診(相談)
矯正治療のあらましの説明
 
矢印
2.精密検査
レントゲン写真、歯の型、歯や顔の写真撮影
 
矢印
3.診断 (検査結果の説明)
矯正治療方法、矯正装置、治療期間、費用の説明
 
矢印
4.矯正治療開始
矯正治療の説明を理解していただいた後に矯正治療を開始します

矯正装置の説明

矯正装置には様々な種類のものがあり、口の中にいれる装置としては、取り外しのできるものと固定式のものがあります。固定式の装置では金属のものと目立ちにくい白色のものがあります。また歯を移動させた後には、まわりの骨がおちつくまで保定装置という取りはずしのできる装置の使用が必要となります。

取り外しの出来る装置

矯正装置 矯正装置

固定装置

固定装置金属製
固定装置-セラミックセラミック製

このページの先頭へ

正治療で改善できること

歯並びでコンプレックスを持つことは人生の楽しさを十分に謳歌することが出来ません。コンプレックスがなくなることでどれだけ楽しい人生を送れるかお考え下さい。私たちはそのコンプレックスを無くすお手伝いが出来ます。
下に矯正治療の症例を一部ご紹介します。これ以外にも「上顎前突」(出っ歯)や「開咬」など色々な症例があります。

叢生(そうせい)【八重歯・乱ぐい歯】

歯が重なり合っている状態を叢生(八重歯・乱ぐい歯)といいます。叢生の場合、歯ブラシがゆきとどかず汚れが残りやすくなります。

矯正治療前矯正治療前
矢印
矯正治療後矯正治療後

反対咬合【うけ口】

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを反対咬合(うけ口)と言います。うけ口の人は、食べ物が良く噛めないだけでなく聞き取りにくい話し方になります。
また、顔つきもしゃくれた感じになります。

矯正治療前矯正治療前
矢印
矯正治療後矯正治療後

このページの先頭へ

正治療Q&A

Q1何歳ごろに相談したらよろしいのですか?
A:症状によって、治療開始時期が違ってきます。気づいた時点で、なるべく早く専門医に相談されることをお薦めします。

Q2大人でも治療できますか?
A:大人の方でも、矯正治療を受けている方はたくさんいらっしゃいます。

Q3治療期間と費用はどのくらいですか?
A:症状によって、また治療内容によって期間や費用は異なります。本格的な治療においては、ふつう月に1ないし2度程度の通院で1~3年ぐらいかかり、治療後1年程度は保定のための通院が必要です。また、支払い方法はご相談下さい。

Q4矯正治療にはどのくらいの通院が必要ですか?}
A:治療開始までに、検査、診断、歯みがき指導などで3~4回。口の中に装置が入った場合、だいたい月に1~2回程度です。予約日を守ることは、早く治ることにつながります。決められた通院日には、忘れずに来院しましよう。

Q5歯ならびを治すために、歯を抜くことがありますか?
A:きれいな歯ならびにするために、特にでこぼこがひどい場合は、歯を抜くこともあります。抜いた所の隙間が残ることはありません。

Q6ロの中に装置を入れると、痛くありませんか?
A:初めて装置をつけたときは、3~4日、歯が浮いたような痛みがありますが、1週間程度で慣れます。

Q7歯みがきは、今まで通りできますか?
A:矯正装置を入れているので、汚れがっきやすくなります。教わった方法でていねいに歯みがきをしてください。歯みがきによって装置がこわれることはありません。

Q8矯正治療中、むし歯ができたらどうなりますか?
A:むし歯ができてしまうと、治療途中でも装置をはずしてむし歯の治療をしなければいけません。そうすると治療期間が長びいてしまいます。ですからむし歯にならないように、教わった方法で正しくていねいにみがきましょう。

このページの先頭へ