インプラント

ンプラントとは

インプラント後は・・・

インプラントで噛めるようになるのは、使用するインプラントの種類や埋入する場所、顎骨の状態、手術の経過によっても異なってきますが、手術後2ヵ月を目安にしています。その2ヵ月の間、基本的には抜歯と同様に普通の食生活をすることができます。 正しいブラッシングと定期検診をしっかり受けることによって、15年以上良好に維持されている患者さんもたくさんいます。正しい手入れがインプラントを長持ちさせることにつながります。

インプラントの入院と費用

普通のインプラントの手術では、入院する必要はありません。手術直後は抜歯をした程度の安静が必要です。
費用は、手術代・インプラント代・インプラントに被せる人工歯代の合計です。治療する本数や場所により費用は異なってきます。

インプラント治療に健康保険は使えませんが、医療費控除の対象になります。

当医院のインプラント治療例当医院のインプラント治療例

このページの先頭へ

インプラントの痛み

インプラントは、歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。麻酔をしますから痛みに耐えながら治療を行うことはありません。手術後、麻酔が切れても、抜歯程度の痛みしかありません。そして2ヵ月後には、食べ物をインプラントで噛めるようになります。
歯を抜いた時、すぐにインプラントを埋入する簡便な方法もあります。わざわざ穴をあける必要がないので、負担がありません。インプラント埋入による痛みもありません。

インプラントの年齢制限

年齢性別の制限はありません。85歳の高齢者がインプラント治療を受けて、自然に噛めるようになった例もあります。患者さんの健康状態や顎の状態によって治療ができない場合があります。また、きちんとブラッシングができない場合や定期検診を受けられない場合も、インプラント治療の不適応となります。

このページの先頭へ

ンプラントで改善できること

総入れ歯をインプラント

総入れ歯の問題点

総入れ歯
  • 味覚が異なります
  • 発音障害になる場合があります
  • 異物感を感じます
  • 痛みを感じる場合があります
  • 粘りのある食べ物に苦労します
  • 硬い食べ物に苦労します

矢印

インプラントによる改善点

総入れ歯をインプラント治療
  • 違和感、異物感がありません
  • 審美的に良好で、自然にお話ができます
  • 自分の歯に近い感覚で、味覚が楽しめます
  • 食べ物を選ばず、快適に食べられます
  • 治療から2ヵ月で、噛めるようになります

部分入れ歯をインプラント

部分入れ歯の問題点

部分入れ歯
  • 入れ歯の留め金によって、歯などに痛みを感じる場合があります
  • 異物感、違和感があります
  • 審美性に欠けます
  • 粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します

矢印

インプラントによる改善点

部分入れ歯をインプラント治療
  • 留め金を必要としないために、口の中がスッキリし、審美的にも良好です
  • 治療から2ヵ月で、自分の歯に近い感覚で、噛むことができます
  • 粘りのある食べ物や硬い食べ物に関係なく、食事を楽しむことができます

このページの先頭へ

ブリッジをインプラント

ブリッジの問題点

ブリッジ
  • 隣の健康な歯を削り、悪化させます
  • 支える歯に負担がかかります
  • 支える歯が2本以上必要です
  • 歯の抜けた部分の骨が、次第にやせていく場合があります

矢印

インプラントによる改善点

ブリッジをインプラント治療することによる改善点
  • 歯のない部分に、インプラントを入れるため、健康な歯を削ることはありません
  • 自然な感覚で、噛めるようになり、顎の骨の健康を維持することができます
  • 治療から2ヵ月で、自分の歯に近い感覚で、食事が楽しめます

このページの先頭へ